スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱点をどう生かすか。 『野村ノート』

最近のお薦め本は『野村ノート』。



南海(現ソフトバンク)の監督兼捕手に就任し活躍するも、「生涯一捕手」の名言を残して、選手として西武に移籍。その後、独自の視点で解説に取り組み、再び監督に就任したヤクルトを常勝軍団に変えるとともに、阪神日本一の礎を創られました。楽天は残念ながらいまだに上昇気流に乗る気配がありませんが
野村監督といえば、「ID野球」「野村再生工場」という”商標”が付くほどの手腕とともに、陰鬱な表情と皮肉たっぷりのボヤキが有名です。
野村監督の手腕は、努力と勉強の賜物であり、分析と行動のサイクルをグルグル回しておられるこそ出た結果。そして、データと理屈だけでなく、弱点を有するために沈んでいる選手たちからどのように強みを引き出すか、常に考え、選手本人への働きかけだけでなく、環境整備にも心を砕いて行動しておられるのがわかります。
野球用語の多い本ではありますが、弱点を有する人の能力を高め、実績を残すチームを創り上げるためのヒントが散りばめられている一冊です。

その一方で、野村監督の意外な面も垣間見えます。情に流され判断を誤ったこと、野村監督と星野監督の違い、など、ご自身の弱さも素直に分析。ここまで冷静に分析しながら、行動には結び付けられない。そこが、野村監督の弱さであり、人間味であります。自分に自身のある人にとっては、表情とボヤキの発生源は、実はご自身の押しの弱さ、なんじゃないでしょうか。もしかしたら、常にポジティブシンキングにとっては歯がゆい行動ばかりに見えるのでは。ポジティブシンキングの人や自信家の人は、野村監督を嫌う人が多いですしね。

この本を読んで、今の楽天には野村監督が不可欠だ、と私は確信しました。
さあ、楽天はどこまで再生するのでしょうか。常勝化までには相当時間は必要だと思うけど。その前に、仙台市民と楽天本社は我慢できるのかなあ。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメント

非公開コメント

プロフィール

dfk

Author:dfk
FC2ブログへようこそ!

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

書評 おすすめ 日経ビジネス おでかけ 読んだ本 神戸 お食事 おもしろ ビジネス おやつ 関西 買ったもの 日経 家事・生活 兵庫 気になるもの amazie お勉強 できごと 映像 英語 リンク 東京 運動 アート サイト 映画 お土産 見つけたもの ニュース 見たもの お仕事 お役立ち 語学 考えたこと ディズニー 買った物 テレビ マンガ 自転車 WEB 写真 できこと 

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
twitter
ASAHI24/7
あわせてなかのひと
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。