スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦悩の末のおもしろさ。 『任天堂』

ベストセラー、『任天堂』をようやく読了。



いまや史上最強で最先端の伝統企業となった、任天堂。確かに、ファミコンを出したときには「花札屋が何で?」と訝り、スーパーファミコンで「すごいゲーム会社やなあ」と驚き、ロクヨン、ゲームキューブと続いたときには、ゲームをやらない私でも「どこ行くねん?!」と思った記憶があります。その任天堂がWiiとDSにまでどのようにたどり着き、再び大成長を遂げたのか。

運と才能にここまで導かれた会社なのかもしれませんが、天賦の才だけに支えられた成長ではない、というのがよくわかります。

本書に出てくるキーパーソンは、誰もが危機感と飢餓感を有していますが、この危機感は、ここまで成長した企業が持っているとは想像もつきません。そして、この飢餓感は、外部者にもなんとなくわかり、とてもうらやましく感じます。

ゲームをやらない人にもオススメです。

「ラブテスター」は、実現する知識と思い付きがあったとしても形にできひんかったやろなあ。手元にあったら、使いたくても使えなかったんちゃうかな…この発想がいちばんうらやましかったかな(苦笑)

【任天堂】
http://www.nintendo.co.jp/
【アンテナにひっかかった言葉】
お母さん至上主義
「毎日何かが新しい。誰に対しても毎日。」
思いは本気で手段は半分冗談
肩越しの視線
「ちゃぶ台返し」="Return tea table"
ちゃんとお椀やお箸を並べ替えて、指針を与えてくれる
伝統にサイエンスを
「私は尖っているから強いと思っていますから。」
「驚き」や「喜び」を食べて育つ
「受けたいんですね、要は人々に。」
「役に立たないモノに人は我慢しない。」
枯れた技術の水平思考
最先端に背を向ける
「『いや、違わないけど、ちょっといいんです』というのは一番ダメな答え」
ソフトが主、ハードが従
「社是、社訓がないことが、任天堂イズム」
「最後は天が決める。それまで最善を尽くせ」
失意泰然、得意冷然
コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア(CGM)
スポンサーサイト

tag : 読んだ本 おすすめ ビジネス

コメント

非公開コメント

プロフィール

dfk

Author:dfk
FC2ブログへようこそ!

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
ユーザータグ

書評 おすすめ 日経ビジネス おでかけ 読んだ本 神戸 お食事 おもしろ ビジネス おやつ 関西 買ったもの 日経 家事・生活 兵庫 気になるもの amazie お勉強 できごと 映像 英語 リンク 東京 運動 アート サイト 映画 お土産 見つけたもの ニュース 見たもの お仕事 お役立ち 語学 考えたこと ディズニー 買った物 テレビ マンガ 自転車 WEB 写真 できこと 

月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログ内検索
twitter
ASAHI24/7
あわせてなかのひと
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。